シュガーズクラブのバナー
no1男性も女性も無料!
中高年男性や、年上女性好き男性に人気のテレホンセックスサイトです。近所で探してその日のうちに会うこも可能!
スイートコールのバナー
no2目的がハッキリしているから早い!
はしたない奥様はHな関係を探している人妻、熟女が多数登録しているテレフォンセックスです 熟女との出会いは超濃厚エッチ!女性の口コミも独身時代より充実してますという声もありました。
ハニーラインのバナー
no3割り切った関係なら
熟女は意外と押しに弱いのです。ここの熟女会員はお願いすれば楽にやらせてくれます。
女性と即会い!互いに既婚者で時間が無く、車内でのセックス希望も叶えられた口コミで話題!

可能性を探る!テレホンセックス&ライブチャットの潜在能力

インターネットなどを見ていると、「テレホンセックス」「ライブチャット」という単語をよく見るようになって来ました。
インターネットを利用して、配信者と利用者側が、画像や映像を共有しながら、コメントのやりとりをしていく、といったサービスです。

現在のライブチャットをビジネスとして考えた場合、まだまだその課題は多いと思います。
ビジネスとしてのライブチャット、という視点から、少し考えてみました。

現在、日本のライブチャットの市場を見てみると、そのほとんどがエンタメ配信となっています。
大手でも、雑談配信や、ゲームの共有などが非常に多いようですし、新製品の発表会や、記者会見など、話題性の多いコンテンツを中心に取り扱っているようです。

また、日本の市場で非常に多いのは、アダルトライブチャットです。
今、ビジネスとしての市場は、ほとんどこのアダルトコンテンツが占めていると思っても良いでしょう。

アダルトのライブチャットは、需要が非常に多くあり、これからもその分野としては伸びていく可能性を持っています。
このアダルトライブチャットを展開しているサイトは、ざっと数えただけでも20以上あり、現在も増え続けています。

一時に比べると、その成長曲線は緩やかになりました、アダルトのサイトは、連日訪問者で賑わっています。

このアダルトのライブチャットは、ビジネスとして展開しやすいのでしょう。
女性の脱衣といった非常にわかりやすいコンテンツ提供と、生配信だからこそ味わえるダイレクト感や緊張感、一方通行ではない親しみやすさなどがその原因でしょう。

アダルトチャットの市場は、以前は女性の単独配信という場合がほとんどでしたが、近年は、「チャットレディー」を募集して、店舗のように展開している業者が現れています。

ビジネスとして考えた場合、女性を雇って「働いてもらい」、規定の賃金を支払うといった構造が成り立っているので、意外と利回りはよいのではないかと推測されます。

雇う側にとっては、女性の数をある程度まとめることによって安定したコンテンツ収入や、広告収入が得られますし、女性側は、自分自身で登録や配信をする手間がなくなること、自宅や配信場所の特定などが困難になるなどのこともあり、ここでもバランスがとれているようです。

女性側の収入にしても、もちろん契約携帯の差はありますが、一般的なアルバイトよりも高収入なのは確かですし、ちょっとした水商売の収入よりも良いことが多いです。

こういった配信業者の数は、これからも増えていくでしょう。現在では、大都市圏でのみ展開されているようですが、しだいにその拠点を広げていくことは間違いありません。

一方、ノンアダルト配信や、企業としてのライブチャットを考えてみると、まだまだ成長段階にも達していないのがわかります。
ライブチャットがもっている可能性というのは、企業側もわかってはいるようですが、それをどのように展開していったら良いのか、また、どの層にむけて訴求したら良いのか、といった部分で、試験段階、と言ったところでしょう。

すでにサポート先進国のアメリカなどでは、このライブチャットを使用したサービスが徐々に成功をおさめはじめているので、日本においてもマーケティングがきちんと分析されれば、ライブチャットを使用した便利なサービスがきっと展開されてくると思います。

先ほどの、アダルトライブチャットの対極として、ノンアダルト系のライブチャットもエンタメ番組として提供されていますが、ビジネスで成功するのは少々難しいでしょう。
魅力的なコンテンツがあれば別ですが、料金を支払っても閲覧したい、と思わせるものがまだあまりないのが現状でしょう。

むしろ、こういった番組は広告塔として展開をしておき、企業のアピールの場などに使用した方が効率は良さそうです。
ノンアダルトの番組で爆発的はヒットが期待できない以上は、アプローチの仕方を変えなくてはなりません。

企業は、直接ライブチャット代金として料金を徴収するのではなく、製品の一部などに組み込み、
サービスやサポートの一環として展開するのが良さそうです。

メーカーのサポート分野というものは、どこでも展開しているはずです。
そのサービスの一部として、ライブチャットを利用してみたり、購入の際の手助けを行ったり、専門分野の話題を提供したりということがむいています。

声だけの電話と違い、より詳しい情報や、内容を利用者と共有することができれば、企業としての差別化はできるはずです。

ライブチャットのビジネスは、現時点ではアダルト関係以外は先が見えません。
ですが、あっという間にこれらの状況は一変しそうな潜在能力は持っているはずです。

今でも、新製品の中継や、国会の中継などでライブチャットが利用されていますが、こういった利用方法がもっと視聴者に広めることができれば、一気にビジネスの場として発展するでしょう。

このライブチャットが広がれば、コストダウンができる分野や企業もたくさんあるはずです。
アイディアが加速すれば、ライブチャットの未来もどんどん広がってくるのでしょうね。

一昔前のテレビ電話が現実になり、もっと身近なライブチャットとして展開され、そして次のコミュニケーションツールが出てくる……。
そんな楽しそうな未来は、そう遠くないのでしょう。

ビジネス展開の発展を見守って行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">